ヴァイオリン教室はいくらぐらいかかるのか

ヴァイオリン、おいくら?

楽器を弾けるって素敵なことです

必ず掛かる費用と、そうでない費用。 趣味に留めるか、プロを目指すか。 いつから始めるかなど、費用の掛かり方は違ってきますが、掛けようと思えばいくらでも掛けることができます。 また、一度掛ければいいものと、継続して掛かるもの。 レッスンそのものの費用と、それに付随して掛かるものを見てみましょう。 ...続きはコチラ

レッスンといえば、教室に通いますよね

大手の音楽教室でも、個人の先生の教室でも、レッスンを受けるために教室に通うことになります。 費用面やそれ以外でも、違うことが多いようですが、何が違うのでしょうか。 どちらが自分のレッスンスタイルに合っているんでしょうか。 代表的な例を見てみましょう。 ...続きはコチラ

本格的な子供から、楽しむ大人まで

コンクール入賞やプロを目指す子供から、趣味として楽しみたいと始める大人も、レッスンは楽しく通いたいものです。 ただ、その分掛かる経費にも違いがあります。 特に子供から始める場合は、本当に様々に掛かるようです。 想定できる費用を確認していきましょう。 ...続きはコチラ

かけようと思えばキリがない

ピアノ、ギター、ドラム。
あなたは何か楽器できますか?
楽器ができるっていいですよね。
趣味でもいいですし、仲間と一緒に音楽活動をしたりすることで、生活にちょっとした潤いが持てます。
憧れの楽器として、よくあがるヴァイオリン。
ヴァイオリンはクラシックから今時の曲まで幅広く使われて、その音色にはインパクトがあります。
簡単な曲から、オーケストラの一員として難しい曲を弾きこなす、など、一度はやってみたいと思いませんか。
ところで、楽器が弾けるようになるには、やはりレッスンするのが近道です。
独学で身につける方もいるかと思いますが、少数派でしょう。
特にヴァイオリンはしっかりと指導してもらい、その基礎から音楽の知識まで幅広く習得する必要があります。
今プロとして活躍されているヴァイオリニストのほとんどは、3歳頃から始めた方が多いといいます。
ヴァイオリンを始める理由は様々。
子供の頃に親の勧めで気づけば習っていた、大人になって弾いてみたい曲があって始めた、など、いつ始めてもいいのが嬉しいところです。
実際にレッスンを開始するとなると、気になるのが費用の面です。
ヴァイオリンはイメージ通り、費用が若干高く掛かるのが普通です。
なんとなく「お金持ちのお稽古事」という印象がぬぐえませんが、具体的にはいくら掛かるんでしょうか。
目的やレッスンの形態などによって違いはありますが、だいたいのイメージがつかめれば、思ったより身近に感じるかもしれません。
趣味の一つとして、子供のお稽古の選択肢として、ヴァイオリンを始めてみませんか。